「父の日」に・・・・・

6月第三日曜日(6月19日)は「父の日」である

先日インターネットでこの「父の日」についての記事を見た。

そもそもの由来については次のようであった。

1909年6月19日(第三日曜日)に「父の日」の制定を「聖職者同盟(牧師協会)」が提唱。
そしてその後、「父の日」の行事は各地へ広まり、1916年には第28代ウイルソン大統領によってアメリカ全土で行われるようになった。
アメリカで正式に「父の日」が祝日となったのは、1972年のことである。

父の日の由来は、アメリカに住む「ジョン・ブルース・ドット婦人」の提唱によるものという。

彼女の父親が、国のため従軍している間、その母親は懸命に一家を支えてきたのだが過労の為体をこわしてしまい、父親の復員後、間もなく亡くなってしまった。父親は悲しみにくれている間もなく、その後、ドット婦人ら6人の兄弟を男手一つで立派に育てあげた。そんな父親の姿に感謝し彼女は「母の日」の制定と同時に、父に感謝する日も必要であると感じ、「父の日」制定の運動を展開し、今日があるという。
 
日本の「父の日」は、1950年頃から広まり始め、一般的な行事となったのは1980年代である。「母の日」はカーネーションが定番になって登場するが「父の日」は健在している父には赤いバラ、亡くなった父には白いバラとなっているらしい。この由来も、ドット夫人が父親の墓前に白いバラの花をブルーのリボンでつつんで供えたことから始ったのだそうである。

子供が両親に感謝の念をあらわすのはよいことである。普段感謝の気持ちを伝える機会が無い者もこの日は恥ずかしがらずに出来るから、大いに伝えて欲しいものである。

因みに、某テレビ番組で「父の日」のプレゼントの売行き筋について放映していた。それによると
1位. ネクタイ 2位. お酒・ビール 3位. 腕時計 とか。


我が家にも「父の日」より2日ほど早くプレゼントが届いた!。
私が正月か、来客の時にしか奮発しないようなグルメ用の最高級の海の幸が!

父親が晩酌をするのを周知の上で送られてきたよく身のついたズワイガニ、タラバガニ、ダンジネスクラブなどなどの海鮮食品に、最初はこんなにたくさんどうしようかと思い悩むほどではあったが、この日より「父」のみならず「母」もお相伴に預かりたらふく頂き、満足感を味わっている。

夫婦二人、毎晩、美味しいお酒に美味しい酒の肴で 静かな夕餉を送れることに感謝し乾杯!!子供たちよ ご馳走様! ありがとう!
[PR]
by aakinishi | 2005-06-18 13:31
<< 「 人が集まる所 」 雑感・・・生き方の色々-1  (娘) >>