2010 西口晶代個展

一年おきに開催している西口晶代個展。

d0053828_14184079.jpg



今年も2010年 7月29日~8月3日まで JR下総中山駅の近くのギャラリー「樹」にて個展を開いた。



d0053828_08359.jpg

公募団体「新櫆樹社」の会員として100号(1号は葉書一枚分の大きさ)出品を続けていたが そろそろ大作に挑戦するには体力的にも少し不安を感じ始めてきた。

これは決して弱気での発言ではない。生きているということの自然の成り行きと割り切ってしまえば何のこともない。

100号の木枠にキャンパスを張る作業、地塗りの作業、作品移動の作業・・・これらは私のような小さな体でおこなうことは決して楽な作業ではない。

張りキャン(キャンパスを張る)作業など業者に頼めばという人もいる。そこは私の性格ゆえ、何でも自分のことは出来うる限り自分自身で行いたいのである。

業者に依頼すれば楽にすむことなのに・・・・困った性格である。しかし今まで何事に対しても、とにかく先ず自分自身の力を信じてやってきたことであまり誤りもなく過ぎてきたということが一種の自信にもつながっているということも事実である。これも決して私の奢りではなく自然の成り行きだったことに過ぎない。
だが 一言で言ってしまえば「勝気な性格」ゆえなのであろう・・・・。

という観点からこの際思い切って今後の人生は22年間ほど展覧会に出品してきた大きなものに挑戦することに終止符を打ち、体力に相応した・・・まあせいぜい50号止まりくらいを自由な表現で楽しく思えるほどのペースでやれればよいなと考えている。

とにかく絵を描いていたり 書を書いていたりすることは私の生きている証でもある。
出来うる限り続けていたい。


d0053828_085288.jpg

今回の個展もお蔭様で無事かつ盛況のうちに終了した。毎日が同窓会の先輩、同輩、後輩たちと会っているような和気藹々の楽しい日々であった。個展を開く一つの醍醐味でもある。

そしてなお、うれしいことは毎回私のライフワークとしているチャリティー作品の展示もご来廊の皆様のご理解とご協力により今回も又、自分なりの努力の賜物も含め、市の社会福祉協議会へ寄付が出来る良い結果となった。

ご協力くださった方たちのご芳名を添付して、一応ゲンを担いで近いうちの吉日に届ける所存である。皆様の温かいお気持ちに感謝しつつ・・・・・。
ご来廊の皆様 本当にありがとうございました!!
感謝の気持ちがこの「AKIの雑感」より伝わることを念じます。

[PR]
by aakinishi | 2010-08-12 22:40 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aakinishi.exblog.jp/tb/11731400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「ゆめ半島千葉国体」 空模様と世の中 >>