文化庁の支援事業

文化庁では,我が国の芸術文化を振興するため,音楽,映画,舞踊等の舞台芸術創造活動への支援,若手をはじめとする芸術家の育成,子供の文化芸術体験の充実,地域の芸術文化活動への支援,文化庁メディア芸術祭の開催をはじめとした映画やアニメーション,マンガ等のメディア芸術の振興等に取り組んでいます。
そのうちの子供の文化芸術体験の充実,地域の芸術文化活動への支援による
「文化芸術による子供の育成事業」に係る協力を依頼され
近隣の「こども書道」を担当して2年を経ている。年長さん、低学年、中学年、高学年の小学生を対象に毎月1回だけであるが公民館をその稽古場所として提供していただいている。挨拶から始まる稽古態度、用具の取り扱い方など子供たちの成長もあうごとに変化があって楽しみでもある。11月、12月は書初めの練習になるが常より大きな用紙に毎度私が子供に言っている言葉「太く、大きく、元気よく!」がどれだけ成果となって表れるか?これまた楽しみでもある。
d0053828_1433661.jpgd0053828_1435639.jpgd0053828_1441478.jpgd0053828_1443078.jpg
[PR]
by aakinishi | 2016-11-18 14:05
<< 目は口ほどに物を言う 忠告について思うこと >>