頭の回転の速い人の話、頭の良い人との会話


私は 毎週、某チャンネルの「行列のできる法律相談」を欠かさず視てしまう。
頭の回転が速い人の話は、 とにかく普通の人よりも何倍も思考が先立ち、右に左に、縦に横にと ,どんどん広がって行く。
とにかく頭の回転が速い人は喋りが上手い!。

頭の回転の速い人といえば、この番組の司会者 島田紳助などは人格、品性などは別として正にその筆頭に上げることの出来る人物だと私は思う。どうしてあのような速いテンポでいろいろ要を得た話がついて出てくるのだろかと思えるほど、兎に角、面白い。

頭の良いという事と頭の回転が速いということは同じなのだろうか
言葉遊びや機転のきく反応のできる人は相手を楽しませ、惹き付ける。
これは勉強ではどうしても身に付かない天賦の能力ではないだろうか。又は幼い頃からの人間関係に 起因してはいないだろうか。面白い人たちに囲まれて育つうちにその能力が伸びたのかもしれない。
こういう人は人間関係に強い。

学生時代に勉強ができた人は例外なく「事務処理能力」が高いという。
事務処理能力が高い人は仕事もテキパキこなせるので、仕事ができるといわれる。
しかし、人間関係に疎い人も結構いるので世渡りが下手で損をする人も多いという。
そのような人は総じて勤勉家。努力して向上していくのを当然のこととしているからではなかろうか。

そして、頭のいい人との会話は、端的に、最適な言葉 例え1つででも先を読み、一回で理解し、自分の中で要約してくれる。 ほとんど説明しなくても言いたい事が伝わるから話をしていて楽しい。

その反面、たまに話が噛み合わなくて気持ち悪い違和感を感じることがある。
主述が目茶苦茶だったり、話を聞いてるようで全く別のことを答えたり・・・それが余り酷いと気分が悪くなる。
要するになんとかかんとか・・・ぜんぜん要点をまとめられてない。これらのコミュニケーションは、多かれ少なかれお互いに疲れる。

何でここまで説明しなきゃわかんないわけ?とイライラさせられる事もある。

しかし、これは知識や 知性だけでなく、生活環境、習慣、文化、外見、などなど・・・の違いからくるものかも知れない。

ずーと昔の話。ある人から言われた話。
付き合って楽しいとか刺激があるとかが必要なら、 自分と同等レベルの人が良い。
導いてくれる知識や判断力・決断力が必要なら 自分より優れた人がいい。
下僕のような従順さを求めるのならば、物を知らない人の方がいい。と・・・・・・・・・・

一概には言えないと思いながらの今までの人生で、いろいろな人との付き合いが有り、その都度いろいろな事を感じたり、言ったりしたが、其のどれもこれもが刺激的であったと感じている昨今。遭遇した全ての人々に”感謝”である。

“笑いは健康の元” 今後も大いに笑って暮らしたい。来週も紳助のあのやんちゃで、機転の利く会話にあえることを楽しみにしている。
[PR]
by aakinishi | 2007-02-28 00:39 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aakinishi.exblog.jp/tb/4851447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< シンポジューム 「やりたいこと... 過ぎたるは及ばざるが如し >>