<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

卑下

d0053828_2251931.jpg
色々な人とつき合っていると、中に すぐ自分を卑下したり厳しい自己批判をする癖がある人がいる。反面 傲慢すぎる人も中にはいる事もある。両方とも過ぎたるは及ばざるが如しという所であろうか。 難しい事かも知れぬが何時でもバランス感覚を失う事無く接したい物である。

卑下について言えば 例えば何かを立ち上げようとする時、又はミスもしくはそれに類似たことをしでかした時、そんな時、決まってこちらがコメントする前から「私には貴方のような能力が無いから」「わたしは頭の回転が鈍いから」「私は中途半端だから」
「私ってだめなのよ」「初めからわかっていればやれるのだが」 etc. etc.・・・・・・・・。

何回も、何人からも、聞いた言葉である。こう言う言葉は自分の考え方の把握でしか無いのではないか。
自分をそのように自己観察しているのであろうが、マイナスの判断やいかなる自己卑下もしなくても過ごせる事ではないだろうか。

だが考える。これは今まで他人から受けた辛辣な評価を気にしてしまう人生を歩んできた人や自分の最も近い所にいる人にさへ自分を表現できずにいた人には難しいだろう。
何事にも精神的苦痛を連想してしまう。ゆえに少しややこしい事は避けて通ろうとしてしまうのではなかろうか。

マイナスの判断は物事を億劫に考えたり、消極的になったりするもので、前進がないものである。
人が何かを成し遂げる過程では、すんなり行くものではなく、誤りに気づく事が多いものである。「自分を批判することに努力するのではなく、誤りをしないように努力する」というプラス思考にして、積極的な心構えでないと前進はありえないと私は考える。

女性の自分を卑下する言葉には、裏がある気がしてならない。つまり、「私ってダメね」は、いいわけであり、人からやさしい言葉をかけてもらうためのキッカケづくりとして使っているように聞こえる。つまり、非難をさけると同時に同情を獲得するという、一挙両得の手段として、自らを卑下して見せているように思える。

「自己卑下」は心理学的に言うなら「劣等感から来る自己防衛」だと言う。
自己卑下してる人は必ず相手に「そんなことはないよ」という反応を期待してる。
極端に自虐的な物言いをし「そんなことないよ」を求めるのだそうだ。

私も時には「そんな事無いよ」と つられて言ってしまう事があるが本当にそう思ってもよほど親しい人で無い限り「確かにそういうとこあるよね」とは言わない。もし、浅い付き合いの人に「確かにそういうとこあるよね」などと言ったらきっとあっけにとられたり、怒り出したり、自己弁護をはじめるに違いないと思うからである。「すぐそういう言い方をするけど そんな言葉はこっちにおいておいて・・・・」といってはぐらかして話を続けるようにしている。 しかし、このはぐらかし言葉も相手にとっては私を嫌いになる大きな要素になっているかも知れぬが、嫌いにならないでいてくれるのであるなら幸いである。

自己卑下することは成長なしと思う。現実は認めなければならないが、「卑下」することは自分の人生に決してプラスには働かない。自分を否定的に考えるのは不幸の方向にも導いてしまう考え方であると思う。

そして更に、自分を卑下する人たちは嫉妬心も強いと言う事に気づいた。
自分を卑下するものは、他人の行為を良いほうに持ってゆくのではなく、むしろひけらかすために、熱心に他人の行動を観察していて、周りを気にして、其の輪の中に首を突っ込んでいたくて仕方が無いのである。そのような行動を受身として直面した時は、とても面倒に思う事もあり、疲労感をも感じる事がある。

同じ状況に接していても,「心の持ちよう」で対応は全く異なるものだと思う。
どう受け止めるか,どう捉えるかが肝心なのだと思う。
要は,「ものの捉え方」で 起こった問題から自分が何を受け取るか、
そこからどう"反省"して今後にいかしていくか,ということだと考える。

其の反面、常になにか事を成すときは、カリスマ的な中心人物が必要だと思ってる。
カリスマ的人物は自ら、いろいろカリスマ役を演じるのは本当は、本人に取ってはキツイものであろうが、そう言う人がいる事で事がスムースに運んで行くのでは無かろうか。
卑下する人より信頼感を持つ事ができるし、共感して協力も出来る事も多い気がする。
私の周りにもカリスマ的女性がいてくれて助かる事が多いのが現実でもある。

「自己卑下」と「謙遜」を同じ意味に捉える人もいるが、「自己卑下」は自分に自信がない人の自己保存であり、「謙遜」ではない。
「謙遜」は本当は自信のある人が周りと同調する為の配慮であり全然異なるものと考える。
だから常に私は「自己卑下」に対しては共感を感じないように自分を導いているのである。

「自分自身に肯定感をもって、「卑下」でもなく「傲慢」でもなく 自然な形で「謙遜」できるような人間になりたい。
そう努力したい・・・・・ と思うのである。

[PR]
by aakinishi | 2006-10-15 15:34

中学時代の同窓会


先日、5年振りの中学校の同窓会があり、郷里の実家に一宿一飯をお願いして出席する事にした。

出席して見れば何の事、前の会の時とほとんど変わらない面々の出席であった。
一クラス61人のクラスだったが今回はわずか19名の出席だった。 内 物故者は2人。
何故にしろ、会を重ねる毎に出席者が減って行くのは淋しい限りである。

そして中には 初めての出席者では?と思われた人も2~3人いた。
誰だろう?誰だろう?思い出さないと失礼と思いながら 話をして行くうちに少しずつ、昔がよみがえってくるのを実感した。

男性について言えば、かっこよく紳士風にたたずんでいた人もいたが、皆 年相応に白髪になったり、髪が薄くなったり、お腹が出たり、かつては紅顔の美少年だった人が 目鼻立ちが変わっていたり、相対的に男性の方の変化が著しく思えた。 

そこへ行くと女性は皆、其の頃の面影に加わり幸せそうで、きれいになっていた。
女性は化粧とファッションのせいもあるのだろうけど,それだけではなく 総じて良い表情であり綺麗だった.
 
総括すると「男は総じて老け、女は不変 (甘すぎ??) もしくはきれいに年をとっていた」と言う事だ。

ほとんどの人はもう既にリタイヤーしていたが、中にはまだ現役バリバリの人もいて、事業の経営者であったり、会っても誰なのか解らなかったと言う彼らの内の一人は、仕事が大変,人生が大変そうで 5歳くらい年寄りに見えていたが、話をきけば料理職人として店を構え一国一城の店主であったりした。

結局、のっぴきならない事情で欠席した人を除き、この席に出席したと言う人たちは矢張り心に余裕を持っている人達なのだと感じたのである。

只、一番ショックだったのは5年前には以前と変わらぬ熱血先生振りを発揮してお元気でしゃきしゃきと私たちに接してくださった先生の姿が無かった事である。

幹事さんの説明によると昨年ごろより痴呆が酷くなり、奥様と二人暮しをしていた家も引き払い 夫婦お二人 愛知県に住むと言う息子さん家族のもとに引越しされたとの事・・・・しかも現在は施設に入ったままになる程になってしまわれたという事であった。 

そう言えば、卒業以来 毎年特別なコメント入りの年賀状が今年は届かなかったので変だなとは思っていたのだが・・・・・おん年87歳ときいた。

人生の無常をつくづく感じ 、 実にせつない想いであった。

[PR]
by aakinishi | 2006-10-09 15:29

知人の食中毒事件

知人の食中毒事件の話を聞いた。

9月10日(日曜)自治会敬老会の招待で寿司屋に行っての出来事。

折角の楽しめるはずの敬老会なのに、其の日の夜より29名中4名が夜から体調が悪くなり、下痢・発熱,嘔吐等で大変だったそうである。

4日後あたりからどうやら快復したが、アルコール大好きな彼はまだアルコールを飲む気になれなかったと言う。

この件は某新聞記事にもなった。
問題の店は千葉県で10数店の寿司屋を展開しているチェーン店で、この事で県衛生指導課により3日間の営業停止処分を受けたとあった。

この間保健所とのやりとり(検便採取など)があり、その結果・営業停止は14日(木)から3日間。
科学的データなしに(検便の検査結果なしに)営業停止にすると保健所が逆に訴えられることがあるそうだが 保健所は立ち入り検査して、不衛生な点を指摘すればそれで営業停止にできるはずだから、今回の営業停止はそれが理由ではないかと推察している。と彼は言う。

彼は幹事である自治会会長に保健所に届けるべきだと言う事を話したとの事である。
しかし、その結果、みっともないとか、先方に迷惑がかかるとか云って届けるのをしきりと躊躇したという自治会の会長の姿があり、これに ごうをにやして、会長を無視して本人が自ら届けたという。そして結局4人以外の被害者拡大に寄与したと思っていると付け加えて話した。

そして更に、今後幹事になる人へのアドバイスとして かく言うのである。
幹事は翌日出席者の健康状態を聞き取るか、または出席者各人が幹事にご苦労さんと連絡する。(結果的に、健康状態に異常ないことを幹事に知らせることになる)

そして不幸にも異常があった場合、すぐに保健所と店に連絡する。(店が原因であるかどうかは幹事が判断することではない。保健所が科学的データに基づいて判断することである。)

この話をきいて私は彼の考えは間違っていないと確信する。

何も特別な事をするわけではない。集団に起こった明らかな異変にたいして普通に対処する事だけである。
当然、速やかに保健所に申し出て原因を調べてもらい、もしそこに非があった場合は被害を最小限度に食い止めるべく措置をするのが当然と考える。


こんな事に対しても 各人考えの違いがあるのだと改めて認識する。 過ちを繰り返さないようにするにはお人よしだけでは通らないのである。優しさだけでは解決しないことがある。
事を進めるには時には心を鬼にする事も必要なのである。・・・この件に対しては鬼になる事も出来ないほど当たり前の事なのではなかろうか。 と私は思う。


今年は気候のせいか、昨年より食中毒の発生が増加していると言う。心して気をつけて未然に防ぐ努力をする事。これが一番と考える。

[PR]
by aakinishi | 2006-10-01 13:36