<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

顔と言動

世の中色々で面白い。テレビを見ていたら昔の知人に余りにも容姿が似ている女性が出ていて懐かしく思え、彼女は今頃どうしているかとちょっと気になった。
 
小学校時代の友人の話。その彼女は中学から私立のいわゆるお嬢さま学校といわれる名門校に進学。

小学校卒業以来ずっと会っていなかった彼女との偶然の再会があった。私が就職した某銀行に既にOLとして仕事をしていたのである。

彼女はもともと美しい顔立ちではあったが、いわゆる適齢期といわれていた頃の事、年とともに磨きがかかり更に美しさを増していた。ところがである。 非常にショックに感じたことがある。

その美しい顔立ちに似合わず非常に早口でまくし立てるように話すこと。もっと落ち着いて話せばよいのに・・・と思ったものだ。美しい口元からの豪傑笑い。そのうえ、態度も落ち着きが無い。今様な言葉にたとえて常に”うざったい”動きをする。明るくてよいという解釈も出来るが冷静、沈着な所がない。

そんな彼女はまもなく寿退社をした。お相手は早稲田のグリークラブの部員だったと聞いた。めでたし、めでたし。

それから10年くらいが過ぎ、お互い30歳台の半ばを過ぎたころのある日、またもや偶然の出会いをした。その時に初めてご主人と対面した。温和で、優しそうな彼には明るく活発な彼女がちょうどバランスを保てる男性(夫)であるに違いないと感じた。

ご主人とも遠慮なく話に興じる事ができるようになったとき、ご主人の口からついて出た言葉・・・・・「うちのK子は何も物をいわず黙って静かにしていれば本当に好い女なんですが・・・・」だった。 ご主人自らパートナーの顔と言動のアンバランスを嘆いたのだった。
60歳代後半になった彼女は今頃どう変化しているであろうか? 3度目の偶然の出会いを期待したりもしている。

かく言う私のこと・・・夫は私の保護者であるらしい。外出時には必ず「時計した?財布持った?忘れ物は無いですか?」と私に問いかける。
夫が私のことをどう捉えているのか推して知るべしなのだろうか? しかし、本当のところ、このように気にかけてもらっていることに感謝でもある

[PR]
by aakinishi | 2007-06-29 16:57 | Trackback | Comments(0)