<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

超多忙な日々

この1~2か月の間、本当に色々なことが重なった。
あまりにも忙しく たくさん たくさん感じることもあり、話すこともありすぎて、 結局 何も語らず過ごしている自分がここにいる。

10月半ばにはグループ展があり、10月25日~11月1日の間は姉妹都市ヘイワード市との交流の旅があり、11月に入って市展と市民大学公開講座「堀田力氏の講演会」があり(当日はMCをおおせつかった)とその前後のミーティングや準備、書道の昇級試験の指導、まとめと・・・本当に多忙な日々だった。尚、12月には2か所のグループ展が有る。

この元気さはいつまでもつだろうか?
そろそろ自分の本分、自分の楽しみに没頭したいと思う昨今である。

20年ほどヴォランティアをしてきた某組織のことを例にとっても 「古い人はやめるべき」的発言をする人がいる。この発言者の通り人事が代わる時かもしれないと私は感じる。
誰かが退かなければ後輩は育たない。新しい人は最初はまごつくかもしれないが絶対といってよいほど自然の流れでそれなりにやってゆくものであると私は確信している。

しかし、ただ流れに乗っているだけではなく、何かをやろうと考え 実行する人でなければならない。
一人だけの委員会ではないことを自覚して、人を引っ張って、共に行動する人でなければならない。


毎月ミーティングを持つ委員会もあれば、委員会が開かれることもなく何かの機会にお手伝いをする時だけお呼びがかかるという委員もいるという現実。 何故? 何かどこかおかしい!と思っている人の不満も耳に入る現実。

それでも新しい人事に変わったらきっと中身も変わるだろうことを期待している。
それが世の条理だろうと思う所以である。


人の上に立つことだけを考える人もいる。「長」という名称にあたたまる人もいる。「長」でなければ人にあらずてきに無視をする人もいる。

それにしても 「西口晶代」 は よくぞ長い間 この組織の中で 常に「人との交流」を念頭に置きながらまさに自ら「働き蜂」のごとく一生懸命やってきたものぞ!と そんな自分を褒めてあげたい。

次年度からは自由な身で行事に参加できる一会員でありたい!。 切に思う次第なのである。

[PR]
by aakinishi | 2011-12-08 11:54 | Trackback | Comments(0)