<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日記ーいつもの会の旅行

私達が何時も何かあるごとに集まって楽しく過ごす会が有る。

その名はズバリ「いつもの会」という。

年に一回 春から初夏にかけてバス旅行をする。
今年は群馬、栃木方面と決まった。夫の体調は旅行で歩き回るほどの元気はないと言うので今回は私一人での参加となる。

5月13日(火)
薬園台駅までバスが来てくれ一行が乗り込む。次は天沼公園脇でもう一つの一行が乗り込み総勢27人での旅となる。
今日のメインの見学は テレビで盛んに放映されている6月に世界遺産として登録されるであろう富岡製糸場に立ち寄る事。d0053828_1646763.jpg
d0053828_915865.jpg

敷地面積53,738㎡(16,255坪)の中にまゆから生糸
をとる作業がおこなわれていた繰糸場をはじめ、乾燥させたまゆを貯蔵する東繭倉庫、西繭倉庫、生糸の検査を担当したフランス人の住居だった検査人館、日本人工女に器械による技術を教えるフランス人女性教師の住居であった女工館、診療所などが設置されフランスの技術導入から始まり、日本独自の自動製糸機の実用化まで製糸の技術革新が行われた痕跡を目の当たりにした。d0053828_914493.jpgd0053828_17123191.jpg
今夜は草津温泉泊でゆっくり草津の湯を楽しむ事になっている。
d0053828_21492047.jpg
西ノ河原をゆっくり散策し、新緑の季節を満喫する_宿泊したホテル「ホテル桜井」は何と五つ星!さまざまな娯楽施設あり、広い温泉と露天ぶろ、一か所に3個のエレベーターが完備され部屋の中は何と大小合わせて三部屋もある食事をする場所も広く食事もまあ満足するものであった。唯部屋は薄い壁で仕切られているゆえ、 隣のカラオケをやっている声が筒抜け。しかも あまり上手ではない歌声が聞こえてきて少しうるさかった。
d0053828_21545831.jpg隣の食事時間が済んで静けさが戻ってきた時点からこちらの余興が始まった。
余興といっても矢張りカラオケ。皆の喉を聴きながらすすめられるままのお酒に良い気分だった。
貸切の3階の部屋のつくりは同じようであった。幹事さんの決めてくれた部屋割はそれぞれ考えてくれた組み合わせであった。私の部屋は5人。笑わせる人。それに合せて笑う人。おっとり静かにその様子を眺めてにやにやする人。とさまざまだったがお腹の筋肉が痛くなるほど笑いが有り本当に楽しい一晩であった。「ごきげんよう」言葉遊び・・・これをやった わたしとYさんは全く良いコンビであったと今思い出しても笑いがこみあげてくる。


5月14日(水)

次の朝は礼儀正しい女将以下大勢の仲居さんたちがずらりと並ぶ脇を通りバスが発車。
長い長い階段を上り水沢観音を参拝する。今年が無事過ごせますように・・・・
昼食は「水沢うどん」。うどんは美味しく食したが添えの舞茸てんぷらのボリュームには驚いた。いささかこれは食べきれない。


d0053828_2135576.jpg次によったのは足利フラワーパーク。d0053828_21433291.jpg






d0053828_16523161.jpg


此処の藤が有名なのだが、紫のフジは既に満開の時期を過ぎ、目下黄藤の見頃の時期となっていた。美しいと言えば此処の花の管理は素晴らしく、さまざまの花が咲きそろい、その美しさを競っていた。今年も私の個展は「花」を中心とするのでモチーフの花には事欠かないとわくわくしながら其々の美しさをカメラに収めた。
d0053828_2148825.jpg







ココ・ファーム ワイナリーを見学し、そこで作られる赤、白のワインを試飲し、みなそれぞれのお好みのワインをおみやげに購入していた。 ワイン好きの私も自分用に赤白のワインとワインに合うおつまみとして乾燥のバナナ、ぶどう、マンゴーのセットを買い夜の楽しみが増える感ありと一人悦に入った。
今回の旅も何の事故もなくいつもの顔触れに新しい人たちが数人加わり、楽しい2日間を過ごすことが出来、無事帰宅の途に就いた。

美味しいものを食べ、いつもより沢山のアルコールを飲み、良く笑いの2日間は当に命の洗濯!
[PR]
by aakinishi | 2014-05-29 16:29 | Trackback | Comments(0)

八方美人 と利口馬鹿

d0053828_14194084.jpg八方美人
勿論のこと人というのは様々である。

あちらでもこちらでも「良い人」になっている人がいるが 単純にこういう人が八方美人というのだろうと思っていた。しかしそれはもっと広い意味にとらえられることをも知ったのは 私が高校生の頃、その学校のある教師が私に「なんでもやれる八方美人さん」と何回か からかわれたことがある。
八方美人という言葉は悪い方の意味しか理解してなかったので、この時は少し意味が違わない?といぶかしい思いもあったが、この先生の言葉は 何事もやりこなしてしまうということも八方美人という言葉につなげているのだろうと、少しだけ誇らしかった。(笑)

でも思うに、この言葉をこのように使うのは間違いでは?と今でも思っている。

しかし私自身の性格は本当にはっきりしていると自分でも思う。白は白、黒は黒とはっきりしている。
節操がないことを嫌い、決断力と実行力には人には引けを取らないと自負している私。
一度自分で決めたことは必ずやりきろうとする私。主義、主張もはっきりとしている私。こんなはっきりした性格はむしろ他人からしては私という人間を簡単に理解することができるだろうと思う。


はっきりしているということは敵を作る要素もあるが、腹を割って話ができる相手でもある。
だからなのかもしれないが個人的な相談事を含め気を許してくれる人も多い。

その半面あちらでもこちらでも良い子ぶりっこな人に対しては 心の中で「ふーん、いやな人には絶対思われたくない類の人なんだろうな」と思うとどこまでその人のことを信用して良いのか理解に苦しむこともある。

ある人がこのような人のことを「大人だねー。そこへ行くと私たちは子供なのかしら?」」と言った。
私達が若いころ、まだ純粋だったころ、大人というものを「ずるい」と決めつけていた時代が有る。
軽蔑的感情で見た時期もある。其れが私達も今やれっきとした大人になってしまった。
だからずるく立ち回り、何時もよい人になって、曖昧にすることが大人的行動なのかもしれないが・・・・・・・・・其れは私には受け入れ難い事なのである。

色々な面で八方美人的な行動をしているのを見ると本心が分からない。答えが一つではなくまちまちである。残念なことでもあるが本音は言わないで付き合うしかないのかとさへ思うところもあるのだが・・・・・まあ、八方美人の意味を拡大解釈するしかないのかもしれない。


馬鹿と利口

過ぎたることに対して使う言葉に 上に(馬鹿(ばか))とつく事が有る。ばか正直な人、ばか丁寧な人などなど。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」というが 尤も然り!。
 
理屈ばかりを馬鹿長々と語る人の話、過去の話ばかりを馬鹿丁寧に繰り返す人の話、馬鹿優しくて却って面倒で、うるさく(今風の言葉で言えばうざったい)感じられる人の行動などなど。

だがこの馬鹿と上につく人は本当は利口なのではなかろうか?
多くの人と違う行動が取れる人。その行動に対して尤もらしい理屈をつけて自分の立場を保つ事が出来る人。・・・・・この類の人は「上手に立ち回れる利口な人」なのである。賢い人なのである。賢いの中にも少しだけ 「ずる」という賢さが 加わっているのではなかろうか? 

優柔不断で曖昧、狡猾に立ち回るも その存在は常に良い人・・・
ここで自分にない要素がいっぱいある人がうらやましいのかと自問自答すると、 決してうらやましくはない。唯 あーあ それまでかと落胆のみが残る。
 
「いい子ちゃんはいいね!」意味が深いですよ。この一言は・・・・・・。















[PR]
by aakinishi | 2014-05-29 14:22 | Trackback | Comments(0)

2014年母の日

2014年 Mother’s Day
d0053828_13253964.jpg
毎年真っ赤なカーネーションだったが今年は黄色のカーネーション。
黄色のカーネーションも柔らかで心和む。

アメリカ在住の娘からメールがとどいた。
「Happy Mother’s Day!」 と孫のSeanが6月11日小学校の卒業式を迎え、9月からはスタンフォード中学校に入学することが決まったという知らせ。
まあ、爺、婆としては孫の成長は大いに喜ばしい。
今後 益々 健康にして大志を抱いた人生を送ってほしい。
[PR]
by aakinishi | 2014-05-11 13:26 | Trackback | Comments(0)