<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3猿(見猿、言わ猿、聞か猿)

d0053828_15524764.jpg
過日テレビを見ていて日光東照宮の見ざる言わざる聞かざる」の「三猿」両目、両口、両耳をおおった三匹の猿の話に接した。そして各国にも同様の言葉が有ることもわかった。それによると 「見るな聞くな言うな」の順で、並ぶ猿の位置が異なるのだそうだ。まあ順序などはどうでもよいのだが。
私も御多分にもれず幼いころ親からこの言葉は賢い人間のやることだと聞かされた。簡単に言うのならよけいなことを見たり聞いたり言ったりしないでいるのが無難だということだった。だから子供心に自分にとって都合の悪いことは見ない猿、聞かない猿、言わない猿のようであれば事は安らかに過ぎるという風に解釈したのだが・・・・・。
大人になって日光を訪れる機会が増えると此の三猿にまつわることを探りたくなった。
その結果解ったこと。 

「見ざる、聞かざる、言わざる」によく似た表現は古来世界各地にあり、同様の像も古くから存在する。しかしそれぞれの文化によって意味するところは微妙に異なり、またその起源は未だ十分に解明されていず、今後の研究と調査に委ねるところが大きいとのこと。
三猿は世界的にも"Three wise monkeys"として知られ、英語では"see no evil, hear no evil, speak no evil."という
漢語の「不見、不聞、不言」を訳したものが天台宗の教えとして伝わったとする説があること。『論語』に「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動」(礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざればおこなうなかれ)という一節があること
私は 論語の「礼節にそむくことに注目してはいけません、礼節にそむくことに耳を傾けてはいけません、礼節にそむくことを言ってはいけません、礼節にそむくことを行なってはいけません」という意味が自然に感じ取られるように思う。
このように確かにうなずけるのではあるが時代の移り変わりもあり、見ざる言わざる聞かざるの反対も又必要ではないかと思う。周りをよく見て、よく耳を傾け、自分の主張は曖昧模糊ではなくはっきり言う。今の世の中、これもまた必要であると感じ入るのである。でも あの3猿を「見て、聞いて、言って」の像に変えたら と想像したら一人でにやにやと・・・・あぶない私になっていた。
[PR]
by aakinishi | 2015-03-30 15:09 | Trackback | Comments(0)

國際理解セミナー「世界の国からこんにちは」 ~ヴェトナム講演会~

d0053828_1104253.jpg

私の属している國際理解セミナー委員会は「世界の国からこんにちは」のキャッチフレーズで年2回紹介国を変えて船橋市と船橋市国際交流協会の共催で色々な国の大使を御招きして展開している。今回で7か国目である。
2015年3月5日木曜日 (18:30~20:30)  、今回はヴェトナム編をキララホールで開催した。
講師には駐日ヴェトナム社会主義共和国特命全権大使ドァン・スァン・フン閣下。
参加者は 遅れてきた何人かは席がなくそのまま引き返された方もいたほどで満席という盛況ぶりであった。
d0053828_10594258.jpg
在日ベトナム学生のスピーチ、民族楽器演奏のあとメインイベントのヴェトナム大使による講演があり興味深いヴェトナムの色々を お話しして下さった。講師のドァン・スァン・フン閣下はお顔の表情にそのお人柄の良さがあり、常に和やかな笑みを浮かべてお話をなさいました。

私は今回受付係と花束贈呈の担当でした。普段はラフな格好で参加していたのだが今回は大使と面と向き合う花束贈呈ということで敬意を表してスーツを着用した。しかもいつものパンツスタイルではない! 何となく太い足を出すことに躊躇はしたが何年振りかのスカート姿。

d0053828_110784.jpg
今回はヴェトナム人の若者、特に留学生が多く参加して下さり、受付まで担当してくださった。感謝!
是が長く交流の輪に広がってくれればよいがと思いながら彼らとの接触の一時でもあった。
講演が終了後 今回初めてのことであったが講演国の参加者一同 講師の閣下を囲んで記念写真を撮った。是は大使と接する機会などないであろう若者にとって とてもよい機会であるし、経験でもあると感じた。 何よりも学生たちの嬉々とした顔が印象的であった。


会場の片付け終了後 珍しくスタッフ一同で軽食を取りながら諸々の楽しい話に花を咲かせた。
その節 私が毎回感じていた事を皆の前で口にした。 
私たちスタッフはいつも事前、事後を忙しく立ち回るのみで講師との直接の顔合わせもなく三々五々帰宅するが余りにもさびしいことである。スタッフも講師とともに記念撮影ぐらいはあってもよいのではないかということ。d0053828_1102332.jpg
結果として、皆同じ思いであったらしい。同感!の声が上がった。
そこで私が委員長に検討していただくよう話すことを約して解散した。

押し並べて今日の雰囲気はとても和やかな良い印象として記憶できた。

準備には時間と労力が必要不可欠ではあるが次はどこの国の話を聴けるかしらと楽しみである。

[PR]
by aakinishi | 2015-03-09 10:51 | Trackback | Comments(0)

今日の出来事(2015/3/4 )

今日 有る会合に出席した。前回は都合が悪く欠席だったのだがその間に色々もめごとが有ったらしい。
両側から聞きもれてくる話は私からしたら別にややこしくもなく、何の問題もなく解決できるような事柄であると感じられるのであるが・・・。
「ところ変われば品変わる」と言うが物事は担当者が代われば当然と言うほどやり方も変わってくる。多分その辺から不満が出ているのではないかと推察する。今までとやり方が異なったために起きた些細な問題が有ったようだ。
私は何もかも前例に従い全く同じでなくてもよいと思う。其れを許すというより認める寛容さが必要ではないかと思う。
聞けば なるほどと思い当たることも有った。細かいことながら双方共の言い分はある。しかし物事はどこかで折り合わねばいつまでたっても平行線のままである。双方の言い分を聴いて両方のことを理解して私なりにその解決法を説いた。
かいつまんで言うならば 過ぎたことは取り返しは付かない。不満が有るかもしれないがお互い自分の主張だけではなく信頼することが大切。これを踏まえて次にやるときの良策を考えればよいのでは・・・・と。最終的に納得してくれたらしい。先ずは一件落着となった。
ある人が言った「西口さんが出席だと安心します」と。
色々言っていた人は無言のまま。皆良い子ぶりっ子である。
解決に近くなったときにようやく口を開いて「そうですね。其れでよいですね」ときた。
一番楽なやり方である。
まあ、西口に任せればよいと思っていたのかもしれない。賢いな~(?)
黙っていることは日本人の美徳? でも話さなければ解らないということがたくさんある。
私は自分の考えを自分なりにまとめてはっきり発言するように常に努めているつもりであるし今後もそうすると心に決めている。反対意見が多数なら自分の意見は不味かったのだとすんなり認めてそちらに従えば全てまとまると信じているから。
あくまでも自分の方が正しいなんて思わないから。

今日の些細な出来事だった。
[PR]
by aakinishi | 2015-03-05 13:48 | Trackback | Comments(0)