3猿(見猿、言わ猿、聞か猿)

d0053828_15524764.jpg
過日テレビを見ていて日光東照宮の見ざる言わざる聞かざる」の「三猿」両目、両口、両耳をおおった三匹の猿の話に接した。そして各国にも同様の言葉が有ることもわかった。それによると 「見るな聞くな言うな」の順で、並ぶ猿の位置が異なるのだそうだ。まあ順序などはどうでもよいのだが。
私も御多分にもれず幼いころ親からこの言葉は賢い人間のやることだと聞かされた。簡単に言うのならよけいなことを見たり聞いたり言ったりしないでいるのが無難だということだった。だから子供心に自分にとって都合の悪いことは見ない猿、聞かない猿、言わない猿のようであれば事は安らかに過ぎるという風に解釈したのだが・・・・・。
大人になって日光を訪れる機会が増えると此の三猿にまつわることを探りたくなった。
その結果解ったこと。 

「見ざる、聞かざる、言わざる」によく似た表現は古来世界各地にあり、同様の像も古くから存在する。しかしそれぞれの文化によって意味するところは微妙に異なり、またその起源は未だ十分に解明されていず、今後の研究と調査に委ねるところが大きいとのこと。
三猿は世界的にも"Three wise monkeys"として知られ、英語では"see no evil, hear no evil, speak no evil."という
漢語の「不見、不聞、不言」を訳したものが天台宗の教えとして伝わったとする説があること。『論語』に「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動」(礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざればおこなうなかれ)という一節があること
私は 論語の「礼節にそむくことに注目してはいけません、礼節にそむくことに耳を傾けてはいけません、礼節にそむくことを言ってはいけません、礼節にそむくことを行なってはいけません」という意味が自然に感じ取られるように思う。
このように確かにうなずけるのではあるが時代の移り変わりもあり、見ざる言わざる聞かざるの反対も又必要ではないかと思う。周りをよく見て、よく耳を傾け、自分の主張は曖昧模糊ではなくはっきり言う。今の世の中、これもまた必要であると感じ入るのである。でも あの3猿を「見て、聞いて、言って」の像に変えたら と想像したら一人でにやにやと・・・・あぶない私になっていた。
[PR]
# by aakinishi | 2015-03-30 15:09

國際理解セミナー「世界の国からこんにちは」 ~ヴェトナム講演会~

d0053828_1104253.jpg

私の属している國際理解セミナー委員会は「世界の国からこんにちは」のキャッチフレーズで年2回紹介国を変えて船橋市と船橋市国際交流協会の共催で色々な国の大使を御招きして展開している。今回で7か国目である。
2015年3月5日木曜日 (18:30~20:30)  、今回はヴェトナム編をキララホールで開催した。
講師には駐日ヴェトナム社会主義共和国特命全権大使ドァン・スァン・フン閣下。
参加者は 遅れてきた何人かは席がなくそのまま引き返された方もいたほどで満席という盛況ぶりであった。
d0053828_10594258.jpg
在日ベトナム学生のスピーチ、民族楽器演奏のあとメインイベントのヴェトナム大使による講演があり興味深いヴェトナムの色々を お話しして下さった。講師のドァン・スァン・フン閣下はお顔の表情にそのお人柄の良さがあり、常に和やかな笑みを浮かべてお話をなさいました。

私は今回受付係と花束贈呈の担当でした。普段はラフな格好で参加していたのだが今回は大使と面と向き合う花束贈呈ということで敬意を表してスーツを着用した。しかもいつものパンツスタイルではない! 何となく太い足を出すことに躊躇はしたが何年振りかのスカート姿。

d0053828_110784.jpg
今回はヴェトナム人の若者、特に留学生が多く参加して下さり、受付まで担当してくださった。感謝!
是が長く交流の輪に広がってくれればよいがと思いながら彼らとの接触の一時でもあった。
講演が終了後 今回初めてのことであったが講演国の参加者一同 講師の閣下を囲んで記念写真を撮った。是は大使と接する機会などないであろう若者にとって とてもよい機会であるし、経験でもあると感じた。 何よりも学生たちの嬉々とした顔が印象的であった。


会場の片付け終了後 珍しくスタッフ一同で軽食を取りながら諸々の楽しい話に花を咲かせた。
その節 私が毎回感じていた事を皆の前で口にした。 
私たちスタッフはいつも事前、事後を忙しく立ち回るのみで講師との直接の顔合わせもなく三々五々帰宅するが余りにもさびしいことである。スタッフも講師とともに記念撮影ぐらいはあってもよいのではないかということ。d0053828_1102332.jpg
結果として、皆同じ思いであったらしい。同感!の声が上がった。
そこで私が委員長に検討していただくよう話すことを約して解散した。

押し並べて今日の雰囲気はとても和やかな良い印象として記憶できた。

準備には時間と労力が必要不可欠ではあるが次はどこの国の話を聴けるかしらと楽しみである。

[PR]
# by aakinishi | 2015-03-09 10:51

今日の出来事(2015/3/4 )

今日 有る会合に出席した。前回は都合が悪く欠席だったのだがその間に色々もめごとが有ったらしい。
両側から聞きもれてくる話は私からしたら別にややこしくもなく、何の問題もなく解決できるような事柄であると感じられるのであるが・・・。
「ところ変われば品変わる」と言うが物事は担当者が代われば当然と言うほどやり方も変わってくる。多分その辺から不満が出ているのではないかと推察する。今までとやり方が異なったために起きた些細な問題が有ったようだ。
私は何もかも前例に従い全く同じでなくてもよいと思う。其れを許すというより認める寛容さが必要ではないかと思う。
聞けば なるほどと思い当たることも有った。細かいことながら双方共の言い分はある。しかし物事はどこかで折り合わねばいつまでたっても平行線のままである。双方の言い分を聴いて両方のことを理解して私なりにその解決法を説いた。
かいつまんで言うならば 過ぎたことは取り返しは付かない。不満が有るかもしれないがお互い自分の主張だけではなく信頼することが大切。これを踏まえて次にやるときの良策を考えればよいのでは・・・・と。最終的に納得してくれたらしい。先ずは一件落着となった。
ある人が言った「西口さんが出席だと安心します」と。
色々言っていた人は無言のまま。皆良い子ぶりっ子である。
解決に近くなったときにようやく口を開いて「そうですね。其れでよいですね」ときた。
一番楽なやり方である。
まあ、西口に任せればよいと思っていたのかもしれない。賢いな~(?)
黙っていることは日本人の美徳? でも話さなければ解らないということがたくさんある。
私は自分の考えを自分なりにまとめてはっきり発言するように常に努めているつもりであるし今後もそうすると心に決めている。反対意見が多数なら自分の意見は不味かったのだとすんなり認めてそちらに従えば全てまとまると信じているから。
あくまでも自分の方が正しいなんて思わないから。

今日の些細な出来事だった。
[PR]
# by aakinishi | 2015-03-05 13:48

初の試み・・・コーディネーター総出演で「3・11を忘れない!」 

d0053828_8503279.jpg2015年2月18日 飯山満公民館において今年度最後の寿大学が開催されました。
1昨年度末 公民館とコーディネーターが集まって決めた事業計画の中に「3・11」の時期に合わせ何かこの未曽有の大震災を語り継ぐような事が出来ないかと思い取りあえず私が提案したものが事業として取り上げられることになりました。以前ある朗読の会がこのような事を行うと聞いて渡りに船とそこにお願いしようと心に決めていたところ、それがかなわないことが解り、暫く途方にくれました。でも寿大学の受講生の皆さんには既に事業として行うと発表してしまっているため「やるしかない!」ということになりました。
相談の結果 たまたま私が持っていた被災者の証言などをまとめた小冊子「」小さな街を飲み込んだ巨大津波―語り継ぐ・証言、 声なき声に寄り添う、鎮魂・復興へ」という3冊を使うことにして自分たちでやろうよ ! ということになりました。早速時間のある人たちに内容把握のために回し読みをして頂きました。
しかし朗読の素人が1時間30分を朗読だけで消化するのは至難の業と心得、時間配分を色々考えて以下のようにきめました。

1.映像を見て振り返る     2.プロによる「体験者の声」の朗読 
3.コーディネーターによる輪読    4.参加者全員による群読 
5,休憩 6, 復興ソングの「花は咲く」を全員で合唱 (これは司会進行をお願した青池さんからの素晴らしいご助言です。しかもコーディネーターの松下さんがピアノ伴奏を引き受けて下さいました)
d0053828_1049110.jpg
プログラムの全容がはっきりしてきたところで 次は当時の様子を振り返ることができる映像探しです。色々な方に声かけをしてを最終的に公民館担当者のお口添えで市の危機管理課で本当に適したVTRが見つかりました。次は長文をうまく読み伝えて下さる朗読のプロを探しました。これもまたすぐ近くにいたのです! 順調でした。次は輪読の内容の吟味です。結局は私が候補を抜粋することになりました。
実を言えば忙しい日々の中いくら小冊子とは言え3冊を念入りに読み返していくつかの候補を抜粋するのは楽ではありませんでしたし、内容が内容だけに読むたびに涙を禁じえず毎夜泣きながら読みました。ストップウヲッチで時間を計りながら選択した数々の候補の中から皆で相談して8人がそれぞれ読むところを決めました器機の担当を全面的に公民館の鞠子さんに、朗読には小林さんにも加わっていただきました群読のリーダー1人も決ったという過程で是が万事うまくいったら嬉しいなと思えるようになりました。皆でそろって練習する時間は一度もなく当日を迎え、ぶっつけのリハーサルをいたしました。d0053828_10484571.jpg此処でまたAさんより最後に皆でステージに上がり「ソレアード」という曲をバックにして出演者の紹介をしようという提案が有りました。何人かは恥ずかしがっておりましたが意を決し舞台に上がり皆横並びになって手をつなぎ舞台下の皆さんに一度上にあげた手を下におろすと同時に深々と頭を下げお礼のご挨拶をいたしました。
下の写真は輪読のメンバーです。 
左から笹川、松下、中村、小林、松田、西口、荻原、木塚、宮崎(敬称略)

d0053828_10492057.jpg苦労が水の泡に終わらないでよかったー。皆良くやりました。成功ですよね!そして楽しかったですね!館とコーディネーター皆の心が益々強く繋がったように感じた心地よい1日でした。

d0053828_1049437.jpg教訓として残り、役立つことを念じつつ寿大の全員で群読した南三陸語り部の言葉3つを紹介します。

1つ  
逃げる勇気を持つ事、先ず自分の身を守ること

2つ  
生きるという強い気持ちを持つ事

3つ  
決してあきらめない事
[PR]
# by aakinishi | 2015-02-20 13:16

南三陸2度目の視察旅行

海外女性セミナーの有志で2度目の東日本大震災を受けた南三陸を訪れる機会があった。
其の時の記事を会長あてに届けることをうっかり、すっかり忘れていた私。
今季役員のkさんより促され、今朝早速メールに原稿を添付して送った。
記録のためマイブログに残すことにする。


2度目の南三陸を訪れて           2014年10月15日    

d0053828_13203646.jpgd0053828_13221850.jpg
今年2014年10月8~9日の2日間
「船橋市海外女性セミナー友の会」のメンバーで2度目の3・11に地震と津波の
被害にあった南三陸を視察する機会をもちました。

宿泊先 「ホテル観洋」の女将 阿部憲子さんとの再会もかないました。
そして南三陸町に対して私達の微々たるながら されど 精一杯の気持ちの寄付も
お渡しすることもできました。








当地は3年半を経た今でもあの日の爪痕は残っていて、がれきの山が未だに点在していました。
流された家の跡地は土台のコンクリートの隙間から身の丈ほどにも伸びた雑草が茂り、
公的な施設の学校の建設、病院の建設などは少しずつ復興している兆しをこの目で確認は出来ましたがあの未曽有の大地震と津波の壮絶さを埋めるには本当に多くの時が必要であることも実感できたのでした。

前回 訪れた鉄骨だけになった「防災対策庁舎」はそのまま残されていましたが2年前の千羽鶴や亡くなった子供たちへのためであろう沢山のぬいぐるみや手創りの物が所狭しと供えられていた風景は以前と変わり、何となく寂しく、一抹の切なさを感じました。
 

その瞬間 思いました。

被災地にとってこの大災害は終わった出来事ではない、だからこそ
被災していない私達が忘れてはならないのだと。

3・11を風化させてはならない !
被災地の早い復興を祈りながら 語り継ぐべきだ ! と心から思ったのでした。

恐怖と混乱を経験した語り部の3つの言葉を教訓として・・・・・。

一つ、 逃げる勇気を持つこと。(先ず自分の身を守ること)
二つ  生きるという強い気持ちを持つこと。
三つ、 決してあきらめないこと




[PR]
# by aakinishi | 2015-02-19 13:12

お屠蘇のない新年を迎えて・…。

2015年の暮れに夫が汎発性帯状疱疹で1週間入院。その後の回復はまあまあなのだがお酒を飲むと痛みがひどいという。
その痛さや加減は本人以外には本当のところわからない。
d0053828_2243831.jpgd0053828_22394872.jpg
例年は元旦の朝お屠蘇で始まり手つくりのおせち料理を食すのであるが2016年の元旦は何とも間の抜けたものであった。



おせち料理もお客さまもいらっしゃらないだろうと予測して夫の希望する・数の子、田作り、かまぼこ、昆布巻き、おなます、お煮しめ そしてお雑煮だけ用意。
毎年作っていた栗きんとんも黒豆も伊達巻風卵焼きもいらないという。
これだけでは何となく寂しいと感じた私は既製のもとをほんの少しだけ用意した。
用意した量も少ないことからお重箱も不要であった。
d0053828_2239334.jpg
とはいいながら 夫もお酒のない正月を迎えて矢張り寂しさを感じたのだろう。3日の朝 自ら徳利と杯を用意して今年初めての「乾杯」となった。半月盆の上は写真の通り質素なもの。

私としても夫の要求を満たしてあげられたのだからよしとしよう!

実のところ私も何となく空虚な気分を味わっていたが3日にして何となく正月を迎えた気分になれたのだった。

4日には友人たちが集まり改めて新年を迎えての楽しいひと時が有った。d0053828_234544.jpg

d0053828_22521541.jpg









健康が第一!!健康でなければ何も始まらない。改めて健康の有り難味を痛切に感じた新しい年の始まりであった。

[PR]
# by aakinishi | 2015-01-10 23:07

GATEプログラムってなーに?

アメリカ CAL. ロングビーチ在住の二人兄妹の孫たち
d0053828_1734269.jpg
これは昨年8月に来日のときの写真です。

上の男の子は11才で日本とは少し異なるようだが中学生?という。下の女の子は小学校低学年。

上の子Seanもそうだったようだが、下のSarahもGATEプログラムに入ったという娘からのfacebook上での便り。
GATEって何?
意味も解らないままにしておくのは後の会話で問題が有るだろうと思い、早速ネットで調べてみた。

アメリカでの教育のプログラムのようであった。以下のような内容である。

小中学校に多い GATEプログラムとクラス

「マグネット校」「ギフテッドクラス」は、公立学校で行われている英才教育の一部です。カリフォルニア州の公立学校には、「GATE(Gifted and Talented Education)プログラム」があります。これは、「同じ学年の他の子供に比べて、ずば抜けて高い成果を挙げられる才能や能力を持った子供を対象に、よりレベルの高いカリキュラムや指導を提供する教育」と定められています。

 ここで言う「才能・能力」は知的能力だけではなく、学習能力、リーダーシップ、美術、パフォーミングアート(音楽・ダンスなど)などでの能力が含まれます。GATEのクラスを受けるには、その子供が特定の分野に才能があると、事前に学校区に認定される必要があります。

 認定のプロセスは通常、子供のずば抜けた才能や成績に気づいた先生の推薦で始まります。先生から推薦を受けた学校区は、児童心理の専門家に依頼し、様々なテストや面接をしてもらいます。才能があると認められれば、GATEの児童・生徒として認められます。先生だけではなく、保護者や児童自身が申し出ることも可能です。小学校低学年が圧倒的に多く、小学校高学年でわずかに見られますが、中学以上ではないようです。1度認定されると、義務教育が終わるまで有効です。現在、州で約50万人の児童・生徒がGATEに認定されています。

そういうことだったのかー。まああまり無理もせず健康第一に過ごしてくれればよい!と思う爺・婆 であります。
[PR]
# by aakinishi | 2015-01-10 17:09

字手紙講座

d0053828_2336223.jpg

「字手紙講座」という講座が近くの公民館企画で私が講師として行われた。
「絵手紙」というのは皆さん周知していることだろうが、この「字手紙」というのはあまり聞きなれない言葉であるかもしれないが、大分以前より多くの人に広まってはいる。
字手紙とは 伝えたい気持ちを漢字一文字と短い文章で描くシンプルなものである。いわゆる遊書と思えばよい。

字手紙を書くコツはをまとめていえば


1.上手に書こうとしなくて良い、書き順を気にしない、
2.筆で表現出来る線の太さ、墨の濃淡、かすれやにじみで自由に描き遊び感 覚で楽しむ
3.字手紙には正解や間違いはないので個性が大切

ということになる。

3回シリーズでと云うことなので先ずカリキュラムを立てた。

1回目:字手紙とは?の説明から入り、色々な書き方をして表現する線の練習
2回目:1回目で習得した様々な線を使って半紙を4等分し、はがき大 に 枠を書いて、その中に色々な文字を書きコメントをつける練習
3回目:来年の干支(羊)を沢山の種類の文字で書く練習と画仙紙張りの葉書に清書をして年賀状を書く

3回目の講座ではみなさん慣れてきたのか 制限された時間の中でそれぞれの個性を生かして楽しみながら筆を運び羊年の年賀状を作成して御満悦な表情であった。
d0053828_23342115.jpg
d0053828_23352961.jpgd0053828_23354119.jpg
[PR]
# by aakinishi | 2014-12-11 23:39

2014年10月の記憶 

2014年10月26日(日)
船橋市国際交流協会主催の「Internathional Festival 2014」がアンデルセン公園で開催された。

この日は公園の無料開放日、天候にも恵まれ大勢の人々が集まった。その中での行事。
ステージあり、模擬店あり、フリーマーあり、そのほか協会で常日頃活動している各委員会の色々な催事も加わり大盛況の一日であった。

今日の幸せ その1.

d0053828_1358413.jpgd0053828_1359368.jpg
今年は模擬店、フリーマーケット担当という役目がら、勿論のこと、 準備段階はごたぶんにもれず普段から忙しい私にとっては更に忙しくはあったのは事実であるが、当日は以前のよう に昼食も取れないほどの忙しさはなく久しぶりに多くの人との交流が有って楽しさを感じる一日であった




心身の余裕の成果はこれ!

昨年までは毎年 それどころではなかったがヘナペインティングを試みることもできた幸せなひととき。




追記d0053828_14302038.jpg

「Internathional Festival 2014」で私の属する文化交流委員会のワーク「切り画コーナー」です。


きり絵でも有名なオーデンセ市との交流25周年に掛けデザインは会員(実は私)が色々考案した「切り画コーナー」を色紙や和紙を使って大人、子供をいとわず楽しんでいただいた。その一例がこれです。


今日の幸せ その2.

d0053828_14113148.jpgイヴェントから帰宅したら玄関に花束が・・・・・添付されていた名刺から察すると少しだけ私の持つ技量でお助けしただけの方からのお礼の意らしい。花束をいただくというのは女性にとってはうれしいものである。早速玄関の白い花器に生ける。送り主の優しさと玄関中に満ちた花の香が 私にとても幸せな空間を与えてくれた。 感謝!!




10月29日 飯山満公民館主催の女性セミナーで日大の薬草園を見学。

d0053828_14521352.jpgd0053828_1449482.jpg
d0053828_1462180.jpg
公民館の職員、私達生涯学習コーディネーターを含め約30人が参加。







秋晴れの空のもと、先生の説明を聴きながら熱心にメモを取る人、矢継ぎ早に質問をする人、少しだけジョークを交えてお話し下さる先生との間に笑い声が上がる








トリカブトの青紫の美しい花、トリカブトは全てに毒が有るが薬にもなるという。
ラッキョウも赤紫の可愛い花をつけていた。木にたわわに実っていた豆柿の愛らしさはいまだ脳裏に残る。...
[PR]
# by aakinishi | 2014-10-30 14:09

長坂 勝 氏の講演会

d0053828_9124255.jpg
昨日、2014年10月12日(日)県民の森で2014ライオンズDay アクティビティーというイヴェントが有り夫と連れだって参加した。
というのは第2部で自然環境の保全に関しての講演会「アマゾンに生きる」が有ったからである。アマゾンで植林活動を続ける開拓移民1世の 講師 長坂 勝 氏は私の高校時代の同期生である。戦後初の大学生 アマゾン研修生11人の一人である。


d0053828_913617.jpg
大学卒業と同時にアマゾンに移住し、パラゴミナスの入植をした。その体験談から生じる実に様々の苦労話、そこから得た人生訓を時折ジョークを交えながら絶妙な語り口で話すのである。何度聞いてもその都度色々な内容を織り交ぜての話は厭きない。更に今回は初めての野外講演会であった。これもまた妙なり。
[PR]
# by aakinishi | 2014-10-13 09:16